イシマル食品 ブランドストーリー
一杯のぬくもりで、人々を笑顔に。そして、想いをつなぐ「麺」になる。

日本近代化発祥の地、鹿児島。

 

私たちイシマル食品は大正5年より鹿児島の人々に食べる幸せをご提供してきました。
創業者である石丸七郎は佐賀で麺作りの業を習得し、いつしかたどり着いた鹿児島の地で私たちの前身となる「石丸食堂」を開店します。

 

当時は桜島大正大噴火という大災害の復興に人々が立ち向かっている時代。
七郎の打つ「あたたかい麺」は人々の活力と元気の源であったと言い伝えられています。

 

そんな石丸食堂も時の大戦による大空襲により、焼け落ちてしまいます。
戦後の混乱の中で廃業を覚悟していた七郎でしたが「食で人を支えるために」もう一度立ち上がります。

 

戦後復興が駆け足で進む中、西鹿児島駅付近(現在の鹿児島中央駅)で再び石丸食堂を再開し、頑張る人々を勇気づけ元気づける「あたたかい麺」を作り続けたのでした。

 

「一杯のぬくもりで、人々を笑顔に。」

 

時が経ち、七郎の想いは人知れずとも、鹿児島ラーメンは鹿児島の故郷の味となりました。私たちは創業者七郎の想いを理念に、今も鹿児島の地で麺を作り続けています。

鹿児島ラーメンとイシマル食品
大正5年3月:石丸七郎、鹿児島市中町にて個人創業
昭和33年6月:七郎引退。鹿児島市中央町18-2に工場新築移転
昭和38年1月:(有)石丸食品製麺工場を設立
昭和39年12月:串木野市曙町30に工場新築移転
昭和43年5月:川内市宮内町に営業所開設
昭和50年8月:鹿児島市武1丁目へ本社ビル新築移転
昭和62年3月:国分市下井上塩浜へ「めん処さつま大納言」を新築開店(国分営業所兼)
平成8年6月:社名をイシマル食品(有)に変更登記
平成20年2月:いちき串木野市西薩工業団地へ工場新築移転
平成26年2月:トレードマークを刷新

トレードマークについて

私たちは初代、石丸七郎による石丸食堂の開業から約100年間、皆様に「麺」をご提供して参りました。2016年は次の100年の船出となります。そこで、次の100年に向け初代七郎の想いを理念を具現化した新しいトレードマークを制定しました。
イシマル食品のトレードマーク

 

温もりのこもったラーメンドンブリに原点である初代七郎の理念を表現しました。

そして、創業大正五年をトレードマークの下部に配置することで老舗メーカーとして責務をはたす姿勢を明確に示しています。

スローガンについて

私たちは鹿児島ラーメンに欠かせない「鹿児島ラーメンの麺」を個性溢れるラーメン店にご提供しています。

 

もちろん、主役は「スープ」ですが
味の完成に欠かせないものが「麺」です。

 

多くの銘店で私たちの麺が支持されてきました。ご贔屓頂いた多くの方々に深く感謝するとともに私たちの「麺づくり」のスローガンとして新たな企業メッセージを掲げます。

「おいしさ、ぽかぽか、なつかしさ。」

いつの時代も「おいしさ」そして「ぬくもり」をご提供してきました。
鹿児島を離れ暮らす鹿児島出身の方には故郷を思い出す「なつかしい」味であり、はじめて鹿児島ラーメンを食す方々には「驚きのおいしさ」であって欲しい。

 

そんな想いが込められています。

串木野まぐろラーメン

串木野まぐろラーメン

まぐろラーメンとは

まぐろの頭とにんにく・しょうが・長葱などの野菜類を教強弱の火でじっくりと時間をかけて煮込んだ「まぐろスープ」と鰹・昆布などからとった「白だし」をブレンドし、秘伝の醤油ダレとあわせた醤油味のスープが特徴です。麺はまぐろラーメン用に特別に作られた弾力ある中細ちぢれ麺で、まぐろスープに良く絡みます。

ラーメンと言えば「チャーシュー」ですが、「まぐろラーメン」には特製タレでつけ込んだ「まぐろヅケ」が添えられています。この「まぐろヅケ」が徐々にスープに馴染み、まぐろ本来の旨味を引き出します。

鹿児島県いちき串木野市のお店でメニュー化されています。
各店それぞれ特徴のある味わいになっていますので、いちき串木野にお越しの際はぜひともお召し上がりください。

まぐろラーメンの歩み

【平成13年】
・串木野市観光協会より串木野市飲食業組合へ「まぐろラーメン」の開発要請
・飲食業組合理事会にて開発を行う事を決定
・味工房みその、たなか屋、ゆのまえ食堂、イシマル食品によるプロジェクトチームを編成
・第1〜3回試食会開催(行政、観光協会、商工会議所、特産品協会招待)
・南日本新聞へ来春販売開始予定の記事掲載


【平成14年】
・第4回試食会開催(行政、観光協会、商工会議所、特産品協会招待)
・地元放送局数社にてテレビ放映
・NHKテレビ(鹿児島局)にて生番組放映
・「串木野まぐろフェスティバル」会場にて一般公開 2日間で1,700食完売
・地元放送局、新聞各社取材
・3店舗にて「串木野まぐろラーメン」販売開始
・「串木野まぐろラーメン共栄会」設立
・販売店が9店舗へ
・タウン情報誌に「話題のまぐろラーメン」掲載
・「串木野まぐろラーメン」パンフレット作成
・NHK番組「HGX」の中で「進化する串木野まぐろラーメン」を放映
・串木野づくし産業まつり会場にて「串木野まぐろラーメングランプリ」開催 6店舗によるラーメン対決
※2日間で3,000食完売 串木野市長賞、串木野市観光協会長賞、串木野商工会議所会頭賞
・「串木野まぐろラーメン」ギフト販売開始
・山形屋百貨店にて串木野まぐろラーメン試食販売
・MBCテレビにて「発展、串木野まぐろラーメン」放映


【平成15年】
・日本経済新聞にて今後の戦略掲載(全国版)
・1/31~2/5までの6日間、京王百貨店(新宿店)にて「串木野まぐろラーメン」出店
・TJかごしまに「串木野まぐろラーメン特集」掲載
・日経流通新聞にて現在までの経過と今後の戦略掲載
・MBCテレビにて「まぐろラーメン東京へ行く」を放映
・MBCテレビ「MOVE」にて串木野まぐろラーメン総集編を放映(九州山口エリア)
・串木野浜競馬、串木野まぐろフェスティバルへ出店
・「串木野まぐろフェスティバル」出店 1,600食完売
・鹿児島県議団「串木野まぐろラーメン」視察
・まぐろラーメンスタンプラリー開始
・西日本新聞へ久留米ラーメンへの果たし状記事掲載
・まぐろラーメン共通お食事券販売開始
・まぐろラーメンオリジナルTシャツ販売開始
・久留米視察団、「串木野まぐろラーメン」視察
・「味紀行」麺シリーズゆうパックへ掲載
・「串木野ゴールドパークさよならツアー」出店
・「MBCふるさと秋祭り」特別出店
・タイヨー「ドリームカーニバル」出店
・「くしきのづくし産業祭り」にて久留米「大砲ラーメン」と共栄会店舗の対決
・「まぐろラーメンの歌」発表
・「久留米ラーメンフェスタ」出店。福岡テレビ局数社にて放映
・「電気のふるさとじまん市」(千葉県幕張)出店


【平成16年】
・MBCテレビ「ど~んとかごしま」にて串木野まぐろラーメン総集編を放映
・月売上1万食突破
・新幹線開業記念イベント出店(福岡市・鹿児島市・川内市)
・「串木野まぐろフェスティバル」出店 2日間1,900食完売
・月売上1万7千食突破
・「串木野さのさ会」にてまぐろラーメン振舞い(鹿児島市)
・「くしきのづくし産業まつり」にて久留米大砲ラーメン・鹿児島市豚とろラーメン・三平ラーメンと対決
佐野 実氏をゲストに「串木野ラーメンフォーラム2004」を2日間にわたり開催
・世界最大のラーメンフェスティバル「ラーメンフェスタin久留米」へ出店
支那そばや、博多一風堂、札幌すみれなど全国の超有名店15店舗と2日間にわたり交流
・関西テレビ取材


【平成17年】
・小倉井筒屋出店
・宮崎高鍋まぐろラーメン視察
・熊本本渡まぐろラーメン視察
・高速道路開通記念イベント出店
・福岡岩田屋出店

まぐろラーメンに関するお問い合わせ

串木野まぐろラーメン共栄会
住所:鹿児島県いちき串木野市西薩町17-9(イシマル食品内)
TEL:0996-32-2061
FAX:0996-32-7492

味工房みその

澄みきってあっさり味でもこくのある和風スープが絶品!まぐろの頭と野菜類をじっくり煮込んだスープに、鰹・昆布から取った白だしをブレンドした“ダブルスープ”に秘伝のタレをあわせたあっさりだけどコクのあるスープと特製ちぢれ麺が相性抜群。トッピングにはチャーシューの代わりに特製ダレに漬け込んだまぐろの“づけ”を乗せた、まぐろの旨味を凝縮した自信の一杯!


住所:いちき串木野市北浜町4番地
TEL:0996-32-1780
定休日:不定
営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:30

ゆのまえ食堂

スープを極力濁らないように丁寧に作っています。アッサリとした味の中に深みとコクを、そして味の角をとり丸くなるように努めています。ヅケは、片面だけさっと焼いてあります。


住所:いちき串木野市曙町115
TEL:0996-32-3340
定休日:月曜日
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

大衆中華 蘭蘭

まぐろと数種類の野菜、だし昆布等最高の素材をじっくりと真心こめて作り上げたスープに、ちぢれ細麺とスープとのバランスを考えたしょう油にこだわり、当店自慢のしょう油をベースに、和と中をブレンドした味に仕上げました。トッピングにまぐろの“づけ”と和の風味の竜田揚大葉等で仕上げた串木野まぐろラーメン。一度食べたら必ずはまってしまう絶品です。


住所:いちき串木野市昭和通り285
TEL:0996-32-8768
定休日:月曜日
営業時間:11:30~14:00 / 17:30~21:30

居酒屋 酔匠の里(花もん)

まぐろラーメン塩味:あっさりとした塩味で、塩本来の甘味をうまく引き出した一品。まぐろの醤油づけ、きくらげ、わかめ、もやし、白髪ねぎ、小ねぎなどをトッピングしております。
まぐろラーメン味噌味:味噌の深いコクとまぐろのスープがうまく調和し、麺とのからみがまた最高!魚臭さが気になる方には、お・す・す・め。バターをのせたらなお最高!


住所: いちき串木野市旭町72
TEL:0996-32-1197
定休日:火曜日
営業時間:11:00~14:00 / 18:00~24:00
※夜のラーメン類は23時より

昔ながらのラーメン屋 みその食堂

国道3号線沿い、宮崎県椎葉村より古民家を移築再生し、鹿児島版本格とんこつラーメン店としてオープンしました。伝統の羽釜を使ったとんこつ味といま話題のまぐろラーメン、昭和初期を思い出す店の雰囲気と頑固にこだわった味は、ひとときのゆとりと癒しをあたえてくれる。奥の母屋は別メニューで営業中です。


住所: いちき串木野市下名4285
TEL:0996-33-6321
定休日:不定
営業時間:11:00~23:00

和風レストラン わらじ

コク旨塩味スープ。トッピングにはまぐろのレアステーキをメインにまぐろそぼろ・揚げレンコン・温泉玉子・白髪ネギ・水菜・揚げネギとバリエーションに富んでいます。スープにゆず胡椒をあわせると相性バッチリです。


住所: いちき串木野市昭和通り116
TEL:0996-32-0781
定休日:不定
営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:00

ご家庭で「まぐろラーメン」

串木野まぐろラーメン共栄会監修。まぐろの頭と野菜類をじっくり煮込んだスープと和風だしをブレンドした絶品ラーメンをご家庭でお楽しみ頂けます。(麺120g×1、まぐろラーメンスープ)

ショッピング

 

鹿児島ラーメンのお取り寄せ専門店「鹿児島拉麺市場」

ご自宅で簡単に本格的な鹿児島ラーメンを楽しみませんか?鹿児島の人気ラーメンからシンプルでどこかで懐かしい思い出の味、ラーメンファンを魅了するウワサのご当地ラーメンをイシマル食品の工場から全国へお届けします。ギフトなどにもおすすめです。

 icon-shopping-cart 鹿児島拉麺市場へアクセス

鹿児島ラーメンの通販は鹿児島拉麺市場

鹿児島のラーメンと共に歩んできたイシマル食品だからこそ、皆様にお届けできる「味」があります。おためし価格の商品もございますので、この機会にご賞味ください。

 icon-shopping-cart お買い物はこちら

おすすめ特集

大好評の鹿児島ご当地ラーメンシリーズがお求めやすく袋麺になって登場!

Shichiro’s spirit is alive.

イシマル食品の最新ニュース


12 9月 2014

大好評の鹿児島ご当地ラーメンシリーズがお求めやすく袋麺になって登場!

大好評の鹿児島ご当地ラーメンシリーズがお求めやすく袋麺になって登場!
1人前からお買い求めいただけますので、気軽に各地のご当地ラーメンを堪能できます!

串木野 まぐろラーメンをはじめ、
【出水】赤鶏さつまらーめん(チキンしょうゆ味)
【川内】キビナゴラーメン
【羽島】ちり麺
【串木野】まぐろラーメン わさび付き
【指宿】勝武士ラーメン
と各地の人気ラーメンが勢揃いしました!

どれも目を引くパッケージで贈り物にも喜ばれますよ♩

お求めはこちらから

2 3月 2014

Webサイトリニューアルオープン

イシマル食品はコーポレートサイトをリニュアールオープン致しました。
新しいURLはhttp://ishimaru-food.jp/となります。

h_outline

おいしさ、ぽかぽか、なつかしさをこれからも。
私たち、イシマル食品は鹿児島のラーメンと共に歩み続けます。
会社概要

イシマル食品社屋の写真

社名:イシマル食品 有限会社(Ishimaru food,inc.)
事業内容:ラーメン・麺類の製造販売、業務用ラーメン・麺類の製造販売、外食事業
経営陣:代表取締役 松田 俊也 / 専務取締役 松田 淳
創業:大正五年(1916年)
資本金:500万円
取引先:山形屋百貨店、県内外量販店・県下外食店、社員食堂、学校・病院給食、空港・駅・高速パーキング売店
本社:鹿児島市武1丁目30-10
工場・営業本部:鹿児島県いちき串木野市西薩町17-9
外食事業部・国分営業所:鹿児島県霧島市国分下井3294-1「さつま大納言」

鹿児島ラーメンのお取り寄せ専門店「鹿児島拉麺市場」

鹿児島ラーメンの通販は鹿児島拉麺市場

本格的な鹿児島ラーメンをご自宅でお楽しみ頂けます!工場直送・全国発送

 icon-shopping-cart http://shop.ishimaru-food.jp/

icon-map-marker イシマル食品有限会社 本社

icon-map-marker 〒890-0045 鹿児島市武1丁目30-10
icon-map-marker 1-30-10,Take,Kagoshima-shi,Kagoshima,890-0045,Japan
icon-phone-square 099-252-2236

icon-phone-square +81-099-252-2236

icon-map-marker イシマル食品有限会社 工場・営業本部

icon-map-marker 〒896-0046 鹿児島県いちき串木野市西薩町17-9
icon-map-marker 17-9, Seisatsucho,Ichikikushikino-shi,Kagoshima,896-0046,Japan
icon-phone-square 0996-32-2061

icon-phone-square +81-0996-32-2061

icon-map-marker イシマル食品有限会社 外食事業部(さつま大納言)・国分営業所

icon-map-marker 〒899-4463 鹿児島県霧島市国分下井3294-1
icon-map-marker 3294-1,Kokubu Shitai,Kirishima-shi,Kagoshima,899-4463,Japan
icon-phone-square 0995-47-0873

icon-phone-square +81-0995-47-0873